職場で好かれる人、嫌われる人の「5つの差」

その質問は余計です!

知らない人同士が打ち解けるのは、少々時間がかかります。相手が心を開いてないように感じても、焦らずに相手を信じて穏やかに接することが、相手をラクにするのです。

3:言葉より「気持ち」を返そう

人は相手に対して安心感を持ち、心が開かれてくると、口から自然と言葉が漏れ出します。

例えば、あなたが前任者から引き継いだ取引先、または新規開拓した相手とようやく面談が叶い、先ほどお伝えしたコミュニケーションを使って、少し打ち解けた雰囲気が出てきたとしましょう。

あなた 「本当に! 窓からの眺めは素晴らしいですね」

相手 「窓の下が川を挟んで公園ですから、目が疲れたり頭がぼーっとした時はこれを眺めてリラックスできますね」

あなた 「いいですね」

このように相手が言葉をくれた時が、今後の関係を左右するチャンスです。

上っ面だけでなく

人は誰でも、自分が伝えた話をあなたがどう感じたかをフィードバックしてほしいと願っています。あなたが返した「いいですね」の言葉に乗っている気持ち。それがあなたのフィードバックです。

また、相手が求めているのは「言葉よりも気持ち」です。

あなたの言葉に「うらやましい」「素晴らしい」といったニュアンスが含まれていれば、相手はさらに心を開いてくるでしょう。しかし感情のない言葉を伝えてしまうと、相手は「この人は私の気持ちを受け取ってはくれない。この人とは心がつながらない」と感じ、がっかりします。すると相手の心は閉じられ、話がはずむような言葉はもう出てきません。

4:ともに想像し、体験してみよう

ここで大切なのは「反応」です。いい反応をすることが成功の秘訣です。
いい反応を身につけたいのなら、相手の話をしっかり想像しながら聞きましょう。

話を聞くとは言葉を聞くことではありません。相手の言っている内容を理解するだけでは、話を聞いていることにはなりません。

本物の聞き上手は相手の話を想像しながら聞いています。まるでテレビを見るかのように、そのストーリーを映像として頭の中に映し出しているのです。

「札幌に行ったんだけど、まさか雪が降るとは思っていなくて、コートを持ってなくてね」と言われたら、まずそのシーンを想像します。雪が降る中、スーツ姿の相手を思い浮かべるのです。

容赦なく降りしきる雪。そして横殴りの風が、北の寒さに不慣れな一人の男を鞭打つ姿を想像し、自らの五感で雪の冷たさ、風の厳しさを感じ取ります。

素直に想像できる人の口からは、そこで「ひー!」という言葉が漏れ出るはず。そして「寒かったでしょう」と心底共感できるでしょう。

相手はそれをどう感じるか。

「自分が伝える場面をこの人も同じように想像し、同じ気持ちで聞いてくれている。自分と一体になってくれている」と感じます。

これが嬉しくないはずがありません。こうなると相手の心は完全にオープンになり、何でも話そうというモードに入ります。

わかってもらえる喜びを贈る。これが話を聞くということです。こうなると心に詰まっていた話が、とめどなく溢れます。取引先の人から新しいニーズを聞けたり、取引拡大を妨げている原因を取り除くヒントをもらえるのです。

次ページ「相手のひと」を中心に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。