ゴールドウイン、外苑前の新店舗が担う戦略

8期連続営業増益でも残る課題

「NEUTRALWORKS」の1階、「ココロとカラダをニュートラルに整える」がコンセプトだ

東京・外苑前にそびえ立つ9階建てのビル。外壁に掲げられた横8メートル、縦6.4メートルの巨大なLEDビジョンにはトレイルランニングなど、スポーツシーンをイメージした映像が映し出されている。スポーツウエアと関連用品のメーカー、ゴールドウインが4月29日に開業した新業態の店舗「NEUTRALWORKS(ニュートラルワークス)」だ。

店舗はビルの1~4階に入居。アロマが漂う店舗に足を踏み入れると、スポーツウエアのみならず、水素水を提供するサーバーや、スムージーが購入できるカウンターが目を引く。観葉植物も置かれていて、スポーツ関連用品店らしからぬ雰囲気だ。

アウトドアブランドの「ザ・ノース・フェイス」、ラグビー日本代表にユニホームを提供する「カンタベリー」など、マルチブランド展開を強みとするゴールドウインだが、この店舗は、特定のブランドではなく、同社が展開しているブランドをほぼ全て扱っているのが特徴だ。

心身のコンディションを整えるサービスを提供

「ニュートラルワークス」はスポーツ用品の物販だけでなく、心身のコンディションを整えるサービスを提供することに主眼を置いている。3階は、水素吸引やストレッチサービスを受けられるスペースがある。低酸素ルームは、三浦雄一郎氏のエベレスト登頂をサポートしたチームメンバーが常駐。プロのアドバイスを受けながらトレーニングができるという力の入れようだ。今後は寝具など、睡眠の質を高める商品の販売も予定している。

大型ビジョンが目を引く外観

スポーツ業界では「アスレジャー(アスレチックとレジャーの合成語)」と呼ばれる、運動着を普段着として着ることがトレンドになっている。「ニュートラルワークス」はそういった動きにも対応する業態だ。

これまで、ゴールドウインは「ザ・ノース・フェイス」の直営店を原宿に複数出店する戦略で業績を伸ばしてきた。売れ筋はブランドロゴが入ったリュックや、アウトドア用のアウターだった。なぜ、新業態の店を開いたのか。

次ページ新業態店舗の狙い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。