ゴールドウイン、外苑前の新店舗が担う戦略 8期連続営業増益でも残る課題

印刷
A
A

2017年3月期もアウトドア事業は368億円(前期比8%)と成長を続ける計画だ。これに対し、アスレチック事業は165億円(同15%減)と売り上げが落ちる見通し。1980~90年代に看板ブランドだった「チャンピオン」のライセンス契約が2015年末で終了したため、30億円の減収(利益影響は僅少)となる見込みだからだ。今後はアスレチックのほかの各ブランドを伸ばす必要がある。

研究開発、マーケティング、M&Aと投資意欲

2017年3月期については、会社側は売上高592億円(前期比0.9%減)、営業利益29.5億円(同5.7%減)を予想している。売上高は、アスレチックの落ち込みをアウトドアでほぼカバーするが、「ニュートラルワークス」出店などアスレチックのテコ入れ、富山の研究開発部門の強化、米国や欧州のマーケティング強化、M&Aなど投資の拡大を予定しているため減益となるという。「今年はいったん縮んでもいいから、積極的に投資するぞという思いで臨んでいる」と西田社長は決意を語る。

3階ではストレッチサービスや低酸素トレーニングなどを受けられる

「ニュートラルワークス」の滑り出しは上々だ。4月29日~5月8日のゴールデンウィークに3000人以上が来店した。スタッフの平砂涼子さんは、「ストレッチを受けたり、水素水を汲む目的で来店するお客様がいる。すでに顔なじみになり、リピーターになっている方もいる」と話す。

新業態店は、果たしてアスレチック事業強化の足掛かりになるか。
 

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT