野村HD、6期赤字の海外で大規模リストラ

頼みの国内も急失速、内憂外患が襲いかかる

英ロンドンにある野村ホールディングスの欧州拠点。今回のリストラの大半は欧州を舞台にしたものだ

「今期こそ海外事業を黒字にする」。4月27日、野村ホールディングスの尾崎哲グループCOO(最高執行責任者)は、戦略説明会後の記者会見で宣言した。

この日からさかのぼること約2週間。同社は欧米におけるホールセール(法人向け)ビジネスの戦略を見直すと発表した。

欧州では、現地株式の引き受け業務と企業調査、株式関連商品取引という、3業務から撤退。証券化商品など市場取引業務の一部も縮小する。米州では、株式の引き受けなど、4業務で合理化に踏み切る。

2011年にも12億ドル削減のリストラ実施

2008年9月、経営破綻した米リーマン・ブラザーズから欧州・アジア部門を買収し、陣容を拡大した野村の海外事業。だが同時に、報酬が野村のプロパー社員の倍近いとされる、高コストの外国人社員を多数抱え込んだ。

2010年に欧州を襲った債務危機などで、海外事業の税引き前損益は6期連続で赤字が続いている。2011年と2012年にそれぞれ12億ドル、10億ドルのコストを削減するリストラ策を打ち出したが、黒字化することはなかった。

野村は今回のリストラによって、ホールセール部門のコストを今後2年で7億ドル程度削減できるとする。一方で、具体的な削減人数について、会社側は「数字が独り歩きするので話せない」(尾崎COO)と明かさなかった。

次ページ削減する人数を試算してみると・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT