JR東海、想定外の「異常時」に乗客を守れるか 新幹線内の火災事件を教訓に避難訓練を実施

印刷
A
A
JR東海からは216名の社員が訓練に参加(写真提供:JR東海)

昨年6月の火災事件発生後、JR東海はハード、ソフト両面から再発防止に向けた対策を取っている。ハード面では防犯カメラの設置、防煙マスクや耐火手袋の搭載、ソフト面では乗客への不審物の注意喚起や車内持ち込み品のルール改正を行なった。こうした乗客避難訓練もソフト面の対策の一つだ。

しかし、異常事態が起きたときには、マニュアルどおりには進むとは限らない。たとえば、今回は4号車デッキで火災が発生したという想定で後方の車両にいた車掌が3号車に急行したが、火の勢いが強ければ、そもそも3号車に乗り込むことはできない。

「想定外」には社員が柔軟に対応

避難誘導にしても、今回の訓練では乗客役の写真はかばんのような手荷物を持って避難したが、スーツケースや両手いっぱいのお土産袋を抱えた乗客はどうするのか。また、外国人乗客への説明はどうするかなど、ありとあらゆる事態が起こり得る。こうした”想定外”のケースに対して、JR東海は「乗務員や居合わせた社員が臨機応変に対処する」としている。

JR東海の避難訓練は毎回、異なる事態を想定して実施され、手順の確認事項も多岐にわたる。回を重ねれば重ねるほど異常時の対応ノウハウが蓄積されていく。だが、いくら入念な訓練を重ねても、マニュアルからこぼれる事態が将来起こり得るという冷徹な現実にも同時に気づかされる。

世界に誇る新幹線といえど、異常事態に直面した場合、業務システムとしての対応には限界がある。結局のところ、社員一人一人の危機管理意識の高さに頼らざるを得ないのだ。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT