ぐっちーさん提言「北海道新幹線を廃止せよ」

日本にこれ以上、高速鉄道は必要ありません

3月26日に開業した北海道新幹線(写真:日刊スポーツ/アフロ)

さて問題です。

毎年300億円の赤字を出している会社が、先月から新規事業を始めました。しかしこの新規事業ではさらに毎年50億円ずつの赤字が見込まれ、毎年350億円ずつの赤字が続くことがわかっています。しかも15年間。その新規事業開始を皆で大喜びしている会社があります。どこの会社でしょうか。

そして、その新規事業に関する報道はこんな感じでご祝儀ムード一色。

「『夢に近づいた』『歴史的な日』。北海道新幹線が開業した26日、最北の新幹線の駅となった新函館北斗(北海道北斗市)では乗客らが目を輝かせた――」

みんな状況をわかって「目を輝かせている」んでしょうかね?

本当に必要なんでしょうか

この連載の記事はこちら

この毎年350億円の赤字はすべて、100%皆さんの税金で埋め合わせされるのですよ。北海道新幹線、そこまで必要なんですか? 飛行機じゃだめなんですか(蓮舫さんっぽいですね)? 私にはどうにも納得がいきません。

この構図は、新幹線が走ることで赤字が拡大するJR北海道という会社があり、必要なのかどうかわからない(経済効果がきちんと精査されていない)北海道新幹線を走らせることで、なぜか経営安定化ということで補助金が入るという不都合な真実があるわけですよ。そんなことはどこのメディアも報じないのは、まあお祝いムードによるご祝儀なんでしょうか。

実際、報道によりますと「開業初日の26日(土)は1万4200人が利用し乗車率は61%と最高だった。27日(日)は8700人で37%、28日(月)は6800人で31%とガタ減り。開業9日間の平均予約率は24%と低調を極めた」とあります。それを国民が大喜びしている。潰れそうな会社を救済してみなさんで喜んでいるというのはどう考えても脳天気としか言いようがありません。

次ページこうして地方は衰退していった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT