コールド・ストーン、コンビニアイス参戦の訳

歌うアイス屋が「銀だこ」傘下で進める大転換

2012年4月に日本に進出したユニリーバ傘下の「ベン&ジェリーズ」も苦戦を強いられている。当初、2017年までに30~50店を目指すとしていたが、現在も3店舗にとどまる。ただ、カップアイスの小売販売は1800店以上で行っており、小売りが主体といえそうだ。

コールド・ストーンは今後どうなるのか。「(外食の)店舗数は現在の27店から、若い人の集客が見込める立地にある20店程度にまで整理する。今後は(アイス小売りの)製造・卸のメーカーとして位置付けていきたい」と佐瀬社長は言う。

店頭での販売からコンビニなど小売に軸足

全国の百貨店やショッピングセンターで移動販売を行っている。小売りで先行するハーゲンダッツに追いつけるか

昨年に続き、今年もプレミアムアイスキャンディの販売を行うほか、7月にはコールド・ストーンブランドで新たに冷たいスイーツを扱う飲食店の出店も計画している。今後はコールド・ストーンのブランド力を武器に、店舗での実験販売を経て、コンビニなどの小売りで規模を拡大する方針だ。

ライバルは小売りで先行するハーゲンダッツだ。「ハーゲンダッツの販売は400億円を超えるオンリーワン(のブランド)だ。そこをコールド・ストーンのユニークな商品でこじ開けていきたい」(佐瀬社長)。熱い夏の”冷たい戦争”を乗り切ることができるのか。コールド・ストーンにとっても正念場といえそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT