ツイッター、第1四半期売上高が予想に届かず 

時間外で株価急落

4月26日、米ツイッターの第1・四半期決算は、売上高が前年同期比36%増の5億9450万ドルと市場予想平均に届かなかった。カリフォルニア州ベン美らで2013年12月撮影(2016年 ロイター/ERIC THAYER)

[26日 ロイター] - 米短文投稿サイトのツイッター<TWTR.N>が発表した第1・四半期決算は、広告収入の低迷で、売上高が前年同期比36%増の5億9450万ドルと、市場予想平均の6億0780万ドルに届かなかった。

同社が示した第2・四半期の売上高見通しは5億9000万━6億1000万ドルで、市場予想平均の6億7757万ドルを大きく下回った。

決算発表を受け、ツイッター株は時間外取引で13.6%急落した。

純損失は7970万ドルで、1株当たりでは0.12ドルとなり、前年同期の同0.25ドルから縮小した。諸項目を除く1株利益は0.15ドルと市場予想平均の0.10ドルを上回った。

第1・四半期の月間平均アクティブユーザー数はアナリスト予想を上回る3億1000万人で、前四半期の3億0500万人から小幅に増加した。

ツイッターは、タイムライン機能やライブ動画配信を含めたサービス改善で新たなユーザー獲得が引き続き見込めるとし、使いやすさの向上に取り組み続ける方針を示した。

一方、CRTキャピタルのアナリスト、アービンド・バティア氏は「ツイッターが問題を抱えていることは明白。予想されていたほど成長していない」と語った。

ツイッターの幹部らはアナリストとの電話会議で、五輪などのイベントを控え、欧州を中心に広告関連の出費を控える動きがみられたと説明。ノト最高財務責任者(CFO)は、フェイスブック<FB.O>を念頭に、広告契約の拡大が長期的な目標だと述べた。

*内容を追加します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT