中国重視のホンダに忍び寄る尖閣問題の影

中国リスクを検証

 

中国以外の四輪事業では、日本国内と北米は当初の販売計画を維持したものの、欧州や南米、インドなどでの販売計画を引き下げた。欧州はもともと競争力が低いところに経済環境の悪化による競争激化に見舞われている。南米はブラジルの輸入規制などが響く。

二輪車事業も販売計画を1660万台から1556万台へ、前期比3%増程度に引き下げた。主力のインドネシアでローン規制強化の影響で販売が想定以上に減速したほか、ブラジルの落ち込みも響く。台数ベースでの減速もさることながら、現地通貨の対円価格の下落による目減りもあり、二輪車事業は売り上げ利益ともに横ばいにとどまる見通しだ。

足元の販売状況は総じて計画を下回っているが、設備投資計画は当初計画から200億円上積みし6000億円とした。中国計画を不変としているほか、北米での四輪車やアジアでの二輪車でさらに増産を進める。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT