プリウスと住宅の連携、トヨタが探る理想像

トヨタの挑戦

プリウスと住宅の連携、トヨタが探る理想像

トヨタ自動車は10月22日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」(=タイトル横写真=)を一部改良したと発表した。目玉は、フロントコンソールトレイとラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能なコンセントをオプションで追加できるようにしたことだ。

また、電気自動車(EV)としても走行が可能なHVの仕様である「プリウスPHV」では、さらに充電ポートに差し込んでドアを閉じた状態でも車外に電源供給できるコネクターをセットでオプション設定している。

 

 

PHV1台で一般家庭の日常使用電力の4日分をまかなえる。搭載された蓄電池を家庭用電源として活用できるのはハイブリッド車ならでは。停電などの非常時に車両から給電できるのは、間違いなく便利だ。

だが、トヨタの狙いはそれにとどまらない。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT