プリウスと住宅の連携、トヨタが探る理想像

トヨタの挑戦

プリウスと住宅の連携、トヨタが探る理想像

トヨタ自動車は10月22日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」(=タイトル横写真=)を一部改良したと発表した。目玉は、フロントコンソールトレイとラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能なコンセントをオプションで追加できるようにしたことだ。

また、電気自動車(EV)としても走行が可能なHVの仕様である「プリウスPHV」では、さらに充電ポートに差し込んでドアを閉じた状態でも車外に電源供給できるコネクターをセットでオプション設定している。

 

 

PHV1台で一般家庭の日常使用電力の4日分をまかなえる。搭載された蓄電池を家庭用電源として活用できるのはハイブリッド車ならでは。停電などの非常時に車両から給電できるのは、間違いなく便利だ。

だが、トヨタの狙いはそれにとどまらない。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。