鋭敏な市場ニーズの把握で市場を開拓し続けるグリコ乳業ドロリッチの挑戦《それゆけ!カナモリさん》

鋭敏な市場ニーズの把握で市場を開拓し続けるグリコ乳業ドロリッチの挑戦《それゆけ!カナモリさん》

 

■2007年-市場トレンドを捉え、独自ポジショニングを確立

 「飲料の世界には明らかなトレンドが見て取れました。その消費者ニーズの根幹にある要素を的確にとらえられれば、新たなカテゴリーを創造できるかもしれないと考えたのです」と、グリコ乳業のマーケティング担当者は述懐する。

カフェゼリーとクリームが程よく混ざった食感が特徴の「ドロリッチ」は主にCVS(コンビニエンスストア)のチルド製品棚で販売されている。「ドロリッチははたして飲料なのか、デザートなのか」と、大ヒット・ブームの中、ファンが論議することも多かったが、答えは「デザート飲料」という両者の中間的存在である。

デザート飲料というカテゴリーがもともと、市場に存在していたわけではない。そして、これこそがドロリッチが作り出したカテゴリーなのだ。

開発に際して、グリコ乳業の開発チームはまず、欧米で「スムージー」が大人気となっていることに注目した。同様なトレンドが日本でも見て取れないか。チームメンバーは駅などのジューススタンドやカフェの店頭で来店客の購買行動を徹底して観察したという。その結果、ジューススタンドでは利用者のビジネスマンやOLの40~50%が、「とろり」としたミックス系ジュースを選択し、朝食代わりのライトミールとしていることを発見した。また、カフェではスターバックスの「フラペチーノ」に代表されるような、コーヒーや果汁等のデザート的飲料が大人気でメニューも充実してきており、商品の構成比は6~7割にのぼり、来店客の注文比率が高いことも確認したという。

これら消費性向から開発チームは、3つのキーワードをあぶり出した。「スピーディ」「ながら飲み」「腹持ちのよさ」だ。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。