留学「行けばなんとかなる」思考が招く大失敗

「引きこもり」が、かえって悪化するケースも

海外に渡航する目的が単に「海外経験を積む」ということであれば問題なかったのですが、「英会話をマスターする」という目的であれば、英語を話さなければ生活できないくらいの環境に身を置かなければなりません。「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能のうち、語学学校で後者2つは鍛えられますが、「聞く」「話す」に関しては、生活環境もポイントになります。

「海外に行けばつねに英語環境がある」というのは、幻想です。特にバンクーバーなど海外で人気の都市は、日本人が多い傾向がありますので、語学学校に通うとか、ほかの国の留学生とカフェで話すとか、どれだけ英語を話す時間を自分で確保できるかがカギになります。

「ネガティブ思考」では失敗しやすい

就職活動を控えた大学生の場合は、事前の計画の中で渡航目的や到達目標をはっきり定め、ワーホリと海外インターンシップならどちらが適しているか、国や都市はどこが合っているか、語学学校のコースはどれがいいか、詳細に決めてから渡航することを強くおすすめします。

以上、留学の失敗あるあるパターンを3つご紹介しました。「こんなのは一部の特異なケースでは?」と思われる方がいるかもしれませんが、留学ソムリエとして多くの学生さんに接する中では、決して珍しいケースではなくなっています。

さらにいろいろなケースが存在するのですが、失敗しやすい人のキーワード第1位を決めるならば、それは「ネガティブ思考」です。

留学に行くということは、まったく日本とは異なる環境で学ぶということですので、必ず困難な場面に遭遇します。その困難に対峙した際、「よし、乗り越えてやろう」と思うのか、「私は運が悪い」と思うのかで、その後の成長が大きく変わってくるのです。

今回は学生さんの失敗留学を取り上げましたので、次回は「社会人編」をお送りしたいと思います。これから留学を考えているビジネスパーソンの皆さん、必見ですよ!

留学ソムリエの詳細はホームページ、またはフェイスブックをご覧ください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT