みんなを幸せにする「公益資本主義」とは何か

株主重視経営では持続的に成長できない

日本が指向している資本主義は、私たちの幸せにつながるものなのだろうか?(写真:kelly marken / PIXTA)
「みんなを幸せにする資本主義とは何か?」
自らが創立した会社を一代で東証一部上場企業にまで育て上げながら、そんな素朴な疑問を35年間、ずっと考え続けてきたという大久保秀夫氏。その思索と実践の集大成を『みんなを幸せにする資本主義』(東洋経済新報社)にまとめた筆者が、これからの資本主義の在り方について展望する。

日本の資本主義は正しい方向に進んでいるのか

経営者が真剣に考えるべき国民を幸福にする「公益資本主義」について提言する

皆が本当の意味で幸せになれる資本主義ってなんだろうか。私は、35年前にフォーバルを立ち上げ、日々の経営に携わるなかで、常にそのことを考えてきました。

今、日本が指向している資本主義は、本当に私たちの幸せにつながるものなのでしょうか。「日本の資本市場の魅力を高め、海外の投資家がもっと日本企業に投資する環境を整備する」というお題目のもと、わが国の資本市場整備に関わっている当局者は、企業に対してはROEの向上、社外取締役の積極的登用、コーポレートガバナンス・コードの策定を求め、機関投資家にはスチュワードシップ・コードの導入を求めました。

これらは、いずれも「企業の持続的な成長を促すためのもの」と言われています。

しかし、私は決してそうではないと考えています。これらは日本の資本主義を良くするものでも何でもなく、言うなれば日本の資本主義を欧米型資本主義の走狗にするためのものではないかと危機感を持って見ています。

次ページ欧米型資本主義とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT