始まった優先株転換 三菱自動車再建の行方

グループが優先株転換

9月24日、三菱自が1枚のIRリリースを発表した。それにより、三菱自が発行していた第1回A種優先株7万3000株のうち4000株が普通株に転換されていたことが明らかになった。

この第1回を保有するのは三菱重工業、三菱商事、三菱東京UFJ銀行という御三家と三菱UFJ信託銀行。4社のうちどこが転換したかは発表されていないが、転換を行ったのは三菱自の筆頭株主であり、西岡喬会長の出身母体でもある三菱重工である。

実は少し前から、御三家以外のグループ企業による優先株の転換は始まっていた。

8月10日には第3回A種優先株の全1000株が、9月10日には第2回A種優先株2万5000株のうち7900株が普通株へ転換されたと開示されている。

いずれも転換主体は明示されていない。が、第3回は保有が1社しかないため、それがJXホールディングスであることは明らか。対して、第2回は東京海上日動火災保険や明治安田生命保険、三菱電機など7社が保有する。各社とも「個別銘柄についての話はできない」とノーコメントを貫いており、どこが転換したかは確認できない。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT