太陽電池と類似、中国勢に崩されたコエンザイム

三菱ガス化学が撤退

 

ところが同時期に国内の競合企業も増産に動いた。それだけでなく複数の中国メーカーが大挙してこの分野に参入してきたことで、コエンザイムQ10は供給過剰になり価格が崩れてしまった。三菱ガス化学はこの事業で赤字を続け、今後の採算が見込めないことから撤退を決めた。コエンザイムQ10の世界的な大手で化学メーカーのカネカも、直近決算までの数年に渡り赤字が続いているとみられる。

せっかくの成長分野が中国勢の大挙により市況が崩され、誰もが儲からなくなる。この構図は太陽電池とまるで同じである。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング