ソニーとオリンパス、医療合弁会社の勝算

20%超の市場シェア目指す

一方、「外科用内視鏡は世界的には競合企業が強い分野。オリンパスもソニーの3Dや高精細の映像技術を生かして巻き返しをねらっているはず。とはいえ、ソニーのデジタルイメージング技術は民生用が中心で、医療用への応用には時間がかかると思われる。2~3年で画期的な新製品ができるかには疑問も残る」(バークレイズ・キャピタル証券の中名生正弘アナリスト)との指摘もある。

合弁企業の人員配置など詳細については現時点では未定。ゼロからのスタートとなるオリンパスとソニーの医療事業合弁会社。ソニーの高い映像技術とオリンパスの医療現場における密接なネットワークを生かし、成長市場で成功を収めることができるか。新しい挑戦が始まる。

(島 大輔 撮影:尾形 文繁 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT