ソニーとオリンパス、医療合弁会社の勝算 20%超の市場シェア目指す

拡大
縮小

一方、「外科用内視鏡は世界的には競合企業が強い分野。オリンパスもソニーの3Dや高精細の映像技術を生かして巻き返しをねらっているはず。とはいえ、ソニーのデジタルイメージング技術は民生用が中心で、医療用への応用には時間がかかると思われる。2~3年で画期的な新製品ができるかには疑問も残る」(バークレイズ・キャピタル証券の中名生正弘アナリスト)との指摘もある。

合弁企業の人員配置など詳細については現時点では未定。ゼロからのスタートとなるオリンパスとソニーの医療事業合弁会社。ソニーの高い映像技術とオリンパスの医療現場における密接なネットワークを生かし、成長市場で成功を収めることができるか。新しい挑戦が始まる。

(島 大輔 撮影:尾形 文繁 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT