M&A、「相手選び」ですでに危うい典型パターン

結婚相手探し同様「高すぎる理想」は考えもの

結婚もM&Aも、「目的」ではなく「手段」です(写真:つむぎ / PIXTA)
シャープと鴻海の一件しかり、この頃何かと話題の企業買収。実は「結婚」のプロセスに例えると、その構造がすっきり見えてくるのです。プロが教える「男と女とM&A」、第2回目のテーマは「相手探し」です。
第一回:企業買収は「結婚までの道のり」そのものだ

 

前回はM&Aの対象企業に求める条件を、「結婚相手に求める条件」になぞらえ解説した。さて今回は、その条件に合う相手を、実際にどう見つけるか、を考えていきたい。

皆さんの周りにも、結婚の「相手探し」に困っている人がいるのではないだろうか。結婚願望があり、結婚相手に求める条件も明確なのに、なかなか相手が見つからずに時間だけが過ぎていく。

「出会いの形態」は数多あるものの…

実はM&Aの世界でも、これとまったく同じことが起きている。M&Aの目的や、対象企業に求める条件がいくら明確だったとしても、最後は結局“めぐり合わせ”なのだ。

婚活男子・女子は、結婚相手をどこで探すだろうか。友達の中から探す人もいれば、友達に紹介してもらう人もいるだろう。親からお見合いを打診されることもあるし、自ら結婚相談所で斡旋をお願いするかもしれない。中にはかねてから意中の人がいる場合もあるだろうし、これからの偶然の出会いに期待している人もいるかもしれない。

次ページ結婚とM&Aに共通する、3つの本質
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。