M&A、「相手選び」ですでに危うい典型パターン

結婚相手探し同様「高すぎる理想」は考えもの

このように結婚相手を探す方法はたくさんあるが、実はM&Aにおいても、対象企業を探す方法はたくさんある。

「この企業を買えればこういうことが出来るかもしれない」と、好意と興味を持ってアプローチする場合もあれば、取引先企業や顧客企業が対象企業になることもある。あるいは、証券会社に売り案件として対象企業を紹介されることもあるし、買い手の方から「こういう企業の売り案件があったら教えてくれ」と斡旋を頼み、運よく該当する対象企業を紹介してもらえるケースもある。

ここで、結婚でもM&Aでも共通する本質があるので、ご紹介したい。1つ目は、「昔から知っている相手であれば情報が多いため、後のサプライズが少ない」ということだ。

相手の「素性」は、ちゃんとわかっているか

結婚において、これまで友人だった人が、恋人に発展し、後の結婚相手になることもあるだろうが、M&Aにおいても同様で、これまで取引のあった仕入先や顧客が買収対象企業となるケースが多い。理由は簡単、これまでの付き合いで相手の「素性」がよく分かっているからだ。

素性が分かっている分、一緒になったときにどういう人生が送れそうか、つまり、統合すればどのような経営戦略が実現できるのかがイメージしやすい。M&Aにおける対象企業探しの中で、最もアプローチしやすい方法と言っても過言ではないだろう。

2つ目の共通点、それは「持ち込まれ案件は微妙なことが多い」ということだ。「伯母さんの紹介でお見合いをしてみたけれども、相手は何とも残念な人だった」……。こういうシーンはテレビドラマでもよく見られる。そもそも、「結婚したい」と年中言っているにも関わらず、なかなか結婚に至らない人は、これまでによほどいい縁に巡り合ってこなかったか、あるいは、本人に何かしら問題があるのかもしれないと考えてしまうのは、自然な流れだろう。

M&Aの世界も同様で、基本的に「売り手市場」であり、魅力的な企業はすぐに買われてしまう。一方で、証券会社から紹介される案件には気をつけたほうがいい。すべてとは言わないが、売れ残り案件には“裏”がある。

次ページだからこそ、自ら”仕掛ける”ことが大事
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?