ディズニーランド内で初の結婚式

750万円の中身は?

 

とはいえ、一生に一度、誰でも主役になれる結婚式という一大イベントだけに、大勢のゲストに見守られながらのシンデレラ城での結婚式は、ディズニーファンにとって多額の費用をかけるだけの価値があるのかもしれない。夢と魔法を求めて東京ディズニーランドを訪れる一般のゲストにとっても、28日の盛り上がりぶりを見るかぎり、シンデレラ城での結婚式が一つのアトラクションやイベントのように定着していく可能性さえある。

東京ディズニーランドは来年が開業30周年。オリエンタルランドではこの節目の年を「ザ・ハピネス・イヤー」と位置づけ、「トイ・ストーリー・マニア!」(今年7月オープン)や「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」(13年春リニューアルオープン予定)といった大型新アトラクションをディズニーランドとディズニーシーに相次ぎ開業。さらに「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」「ディズニーの夏祭り」などの新イベントの拡充にも力を入れている。

ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディングも、このザ・ハピネス・イヤーを盛り上げる一つの要素になりうるのかどうかが、今後は注目されそうだ。

(大滝俊一 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。