コロラド州でマリファナ入りグミ禁止法案

子供の誤食多発で

 4月7日、米コロラド州のダン・ペイボン下院議員は、動物や人、果物などの形をしたマリフアナ入りグミの販売禁止法案を提出した。写真左はクマの形のマリフアナ入りグミ、右は普通のグミ。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Rick Wilking)

[8日 ロイター] - 米コロラド州のダン・ペイボン下院議員は7日、動物や人、果物などの形をしたマリファナ入りグミの販売禁止法案を提出した。

同州では2014年に嗜好用のマリファナ販売が解禁され、数十億ドル規模の市場に成長した。だが、近年マリファナの栽培を認めた複数の州で、食用のマリファナが子供らが好む菓子と同じ形をしていることから、間違いやすいと問題に。1年半前に解禁となったワシントン州ではすでに規制が強化されている。

コロラド州でも解禁以降、子供が誤食して重体に陥る例が多発。すでに議員らが規制に乗り出しているが、ペイボン議員の法案は、さらに詳細な規制の指針作りを当局に求める内容だ。

ペイボン議員は「コロラド州では現在、クマの形のグミが普通のグミなのか、マリファナ入りかなのかを区別する目印がない」と指摘し、規制強化を呼びかけた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT