コロラド州でマリファナ入りグミ禁止法案

子供の誤食多発で

 4月7日、米コロラド州のダン・ペイボン下院議員は、動物や人、果物などの形をしたマリフアナ入りグミの販売禁止法案を提出した。写真左はクマの形のマリフアナ入りグミ、右は普通のグミ。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Rick Wilking)

[8日 ロイター] - 米コロラド州のダン・ペイボン下院議員は7日、動物や人、果物などの形をしたマリファナ入りグミの販売禁止法案を提出した。

同州では2014年に嗜好用のマリファナ販売が解禁され、数十億ドル規模の市場に成長した。だが、近年マリファナの栽培を認めた複数の州で、食用のマリファナが子供らが好む菓子と同じ形をしていることから、間違いやすいと問題に。1年半前に解禁となったワシントン州ではすでに規制が強化されている。

コロラド州でも解禁以降、子供が誤食して重体に陥る例が多発。すでに議員らが規制に乗り出しているが、ペイボン議員の法案は、さらに詳細な規制の指針作りを当局に求める内容だ。

ペイボン議員は「コロラド州では現在、クマの形のグミが普通のグミなのか、マリファナ入りかなのかを区別する目印がない」と指摘し、規制強化を呼びかけた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。