ホンダが4輪販売を年間600万台以上へ倍増目指す、新興国重視の姿勢を明確に

ホンダが4輪販売を年間600万台以上へ倍増目指す、新興国重視の姿勢を明確に

ホンダの伊東孝紳社長は21日、東京・青山の本社で会見を開き、2016年度に4輪販売台数600万台以上(11年度約310万台)を目指すことを発表した。13年に投入される次期「フィット」を軸に、積極攻勢に転じる。

ホンダは、これまでの日本を中心とした運営から、各地域の開発・調達体制を強化する「グローバルオペレーション改革」を進めている。13年に投入されるフィットでは、ハッチバックとセダン、SUV(多目的スポーツ車)の3タイプを2年以内に世界市場へ投入し、地域ごとに異なるニーズに対応する。
 
 「600万台が達成できるかどうかは、何よりも次期フィットにかかっている。フィットは世界どの地域でもコアになる車。これが台数アップの基本になる」(伊東社長)。

そのほか国内では軽自動車の新型車を15年までに6モデル投入。米国では9月投入した量販セダン「アコード」のほか、今後3年で高級車「アキュラ」の全モデルを一新する。両国を始めとした成熟国では11年度約206万台から、16年度には300万台以上に引き上げる。

今回の発表の1つのポイントは、新興国強化を改めて明確にしたことだろう。中国では13年からの3年で10車種以上の新車を投入。また次期フィットに加え、新興国戦略車「ブリオ」のセダンやSUVも投入し、アジア市場を深耕する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT