アップル依存に不安、揺れる部品メーカー、うまみもリスクも大きい両刃の剣

印刷
A
A


アップルとは言及していないものの、コネクター製造の第一精工もタブレット端末向け大口案件の失注で、12年12月期の営業利益を当初計画から44億円減額の16億円に下方修正した。小西英樹社長は、その要因を「ある特定の会社の特定の製品向けの受注が見送られた」と決算会見で説明。

そのうえで、「設備投資もすべて自社でリスクが高いという認識はあった。しかし、リターンも大きい。今後は(取引先の)バランスを取って分散していきたい」と、軌道修正を示唆する。

モルガン・スタンレーMUFG証券の佐藤昌司アナリストは「電子部品メーカーにとって、アップルは最先端の部品の大量採用が見込める数少ない顧客。しかし、数量変動が大きく人や設備をどう振り分けるのかが非常に難しい」と指摘する。

大きなうまみと同時にリスクも伴った「両刃の剣」であるアップルとの取引。日の丸電子部品メーカーはジレンマに悩まされている。

(島 大輔 =週刊東洋経済2012年9月22日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT