iPhone5の料金が発表、KDDIはソフトバンク対抗でさらなる値引きも示唆

iPhone5の料金が発表、KDDIはソフトバンク対抗でさらなる値引きも示唆

KDDIとソフトバンクは14日に「iPhone(アイフォーン)5」の料金プランを発表した。LTE搭載でデータ通信料金は両社とも月額5460円。アンドロイド端末のLTEデータ通信料金5985円より約500円安い価格に設定、「アイフォーン4S」同様、他のスマートフォンとは別料金体系で販売を促進する。KDDIは「アイフォーン5」のみテザリングの月額使用料525円を最大2年間無料にする。端末価格も両社とも同価格で、2年縛りの割引を適用した場合、16ギガバイトで0円、32ギガバイト10320円、64ギガバイトで20640円。
 
 ただ、昨年10月に発売した「アイフォーン4S」ではソフトバンクに売り負けているKDDI。ソフトバンクが料金プランを発表する30分前終了した会見でKDDIの石川雄三専務はソフトバンクの料金プラン発表後の価格変更について「可能性はゼロではない」と発言。
 
 「4S」では両社とも期間限定の割引を延長するなど、激戦となった。今回はさらにLTEという起爆剤もありさらなる過熱が予想される。

※ソフトバンクの料金はこちら

(麻田真衣 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT