iPhone5の料金が発表、KDDIはソフトバンク対抗でさらなる値引きも示唆

iPhone5の料金が発表、KDDIはソフトバンク対抗でさらなる値引きも示唆

KDDIとソフトバンクは14日に「iPhone(アイフォーン)5」の料金プランを発表した。LTE搭載でデータ通信料金は両社とも月額5460円。アンドロイド端末のLTEデータ通信料金5985円より約500円安い価格に設定、「アイフォーン4S」同様、他のスマートフォンとは別料金体系で販売を促進する。KDDIは「アイフォーン5」のみテザリングの月額使用料525円を最大2年間無料にする。端末価格も両社とも同価格で、2年縛りの割引を適用した場合、16ギガバイトで0円、32ギガバイト10320円、64ギガバイトで20640円。
 
 ただ、昨年10月に発売した「アイフォーン4S」ではソフトバンクに売り負けているKDDI。ソフトバンクが料金プランを発表する30分前終了した会見でKDDIの石川雄三専務はソフトバンクの料金プラン発表後の価格変更について「可能性はゼロではない」と発言。
 
 「4S」では両社とも期間限定の割引を延長するなど、激戦となった。今回はさらにLTEという起爆剤もありさらなる過熱が予想される。

※ソフトバンクの料金はこちら

(麻田真衣 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。