iPhone5の料金が発表、KDDIはソフトバンク対抗でさらなる値引きも示唆

iPhone5の料金が発表、KDDIはソフトバンク対抗でさらなる値引きも示唆

KDDIとソフトバンクは14日に「iPhone(アイフォーン)5」の料金プランを発表した。LTE搭載でデータ通信料金は両社とも月額5460円。アンドロイド端末のLTEデータ通信料金5985円より約500円安い価格に設定、「アイフォーン4S」同様、他のスマートフォンとは別料金体系で販売を促進する。KDDIは「アイフォーン5」のみテザリングの月額使用料525円を最大2年間無料にする。端末価格も両社とも同価格で、2年縛りの割引を適用した場合、16ギガバイトで0円、32ギガバイト10320円、64ギガバイトで20640円。
 
 ただ、昨年10月に発売した「アイフォーン4S」ではソフトバンクに売り負けているKDDI。ソフトバンクが料金プランを発表する30分前終了した会見でKDDIの石川雄三専務はソフトバンクの料金プラン発表後の価格変更について「可能性はゼロではない」と発言。
 
 「4S」では両社とも期間限定の割引を延長するなど、激戦となった。今回はさらにLTEという起爆剤もありさらなる過熱が予想される。

※ソフトバンクの料金はこちら

(麻田真衣 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。