65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

定年を迎えた社員のうち、希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立した。年金支給年齢が引き上げられる中、働く場が確保されることは、多くの人にとって朗報といえそうだ。

定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立しました。
それについてあなたの考えはどうですか。


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年9月15日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。