65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

定年を迎えた社員のうち、希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立した。年金支給年齢が引き上げられる中、働く場が確保されることは、多くの人にとって朗報といえそうだ。

定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立しました。
それについてあなたの考えはどうですか。


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年9月15日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。