65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

定年を迎えた社員のうち、希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立した。年金支給年齢が引き上げられる中、働く場が確保されることは、多くの人にとって朗報といえそうだ。

定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立しました。
それについてあなたの考えはどうですか。


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年9月15日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT