65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

65歳までの継続雇用制度の導入についてどう思いますか?--東洋経済1000人意識調査

定年を迎えた社員のうち、希望者全員を65歳まで継続雇用する制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立した。年金支給年齢が引き上げられる中、働く場が確保されることは、多くの人にとって朗報といえそうだ。

定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が国会で成立しました。
それについてあなたの考えはどうですか。


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年9月15日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。