グーグルがiPhone向けにYouTube公式アプリを公開、次期iPhoneでの非プリセット化に対応

グーグルがiPhone向けにYouTube公式アプリを公開、次期iPhoneでの非プリセット化に対応

米グーグルは、9月11日16時(日本時間)、アップルのiPhone(iPod touch含む)向けに、YouTubeの公式アプリを公開した。アップルのApp Storeからダウンロードできる。iPad最適化版も近々公開する。
 
 従来、iPhone向けのYouTube公式アプリは、アップルがiOSの組み込み(プリセット)アプリとして提供してきた。iPhone発売当初はスマートフォンならではの機能として、目玉アプリの位置づけだったものの、グーグルとの契約のもとアップルが開発を担当してきたためバージョンアップも進まず、Android版やウェブアプリ版に比べて、iPhone版の使い勝手や機能の見劣りが目立っていた。

アップルとの5年契約が先日終了し、また9月12日(米国時間)に発表される次期iPhoneにはOSの組み込みアプリとしては提供されなくなる。このため、グーグルでは自社開発の公式アプリとして提供を開始した。

YouTubeアプリを使うには利用者によるダウンロードが必要となるが、グーグルのアダム・スミスYouTubeプロダクト・アジア太平洋統括本部長は、「PCレベルのフル機能を装備しており、多くの利用者にダウンロードしてもらえると思う」と語った。
(東洋経済オンライン編集部)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。