派遣女子は非正規男子を結婚相手と認めない

<調査>増える生涯未婚、その現実を知りたい!

木下さんの焦燥感は、決して杞憂ではないだろう。データを踏まえると、木下さんがこのまま派遣作業員を続けたなら、中高年になっても独身のままである可能性が高いのだ。

日本の生涯未婚率(50歳時点で1度も結婚をしたことのない人の割合)は、上昇の一途だ。

1970年は男性が1.7%、女性が3.3%だったが、2010年にはそれぞれ20.1%、10.6%に上昇、さらに35年には男性の3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚になると予想されている(国立社会保障・人口問題研究所のデータ)。

非正規男性の有配偶率は低い

誰が結婚できていないのか。ざっぱくにいえば、それは非正規雇用の男性だ。総務省の労働力調査によると30~34歳男性の有配偶率は正社員なら6割に達するが、非正規は3割を切り、中高年に差し掛かる45~49歳でも4割強にとどまっている。

結婚するかしないかは、もちろん個人の自由だ。未婚者の中には事実婚を選んだ人や、自らの意思で生涯独身を貫く人もいる。だからこそ、雇用を含む何らかの属性が理由で「結婚したいけれどできない」人が少なからずいるのなら問題だ。上昇する生涯未婚率は、日本社会の何を物語っているのか。その未来には何があるのだろうか。

未婚のリアルを知るため、週刊東洋経済はアンケートを行います(4月8日締め切り)。ご本人が35歳以上で未婚の方、または子どもあるいは兄弟姉妹に35歳以上の未婚者がいる方が対象です。ご回答をいただいた方から抽選で50名に、Amazonギフト券1000円分をプレゼントします。アンケートサイトはこちら

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT