ダイハツが約9.7万台をリコール

軽自動車「ムーヴ」など

 3月31日、ダイハツ工業は、軽自動車の「ムーブ」と受託生産している富士重工業の「ステラ」の2車種計約9万7000台をリコールすると発表した。写真は「ムーブ」。都内販売店で2014年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 31日 ロイター] - ダイハツ工業<7262.T>は31日、軽自動車の「ムーブ」と同社が受託生産している富士重工業の「ステラ」の2車種計約9万7000台をリコール(無償の回収・修理)すると発表した。

リコールする理由は2種類あり、約9万2000台はエンジン始動装置でのスタータ作動制御プログラムが不適切なためで、同プログラムを変更する。残りは駐車ブレーキに不具合があり、ブレーキペダルを良品と交換する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT