トヨタとスズキが組めば、インドでは最強だ

小型車に強いスズキとトヨタが組む意義

トヨタが投入した戦略車種「エティオス」は月間販売台数は5000台前後と伸び悩んでいる
トヨタ自動車とスズキの株式持ち合いを含めた提携を検討しているとの報道がある。もし、提携が進んだ場合、最大の焦点となるのは、スズキが5割近いシェアを持つインド市場だ。2015年の乗用車販売台数は273万台(除く商用車、高級車)だが、今後の成長の伸びしろは大きい。今後の見通しについて、インドビジネスに詳しい、ネクストマーケット・リサーチ代表の須貝信一氏に聞いた。(注:販売台数はインド自動車工業会による)

両者が提携すればインド市場では最強の存在に

――トヨタとスズキが提携する方向に向かっています。インド市場はどうなるのでしょうか。

トヨタ・スズキ連合が実現すれば、その影響が自動車業界の全てのセグメントに及ぶことになります。その意味では最強の提携です。商用車と高級車を除いた2015年(通年)の乗用車インド国内販売台数は273万台です。

シェアはスズキが129万台で47.2%、トヨタが14万台で5.1%、両社合計で53.3%になります。車種のラインナップの補完性からみて、影響力の拡大はこれ以上に大きくなります。

インドは商売が難しい国で、トヨタの主力車であるカローラの販売台数は、昨年12月はたった433台です。米国で最も売れる乗用車カムリは13台。まるで高級車のような数字です。カローラがこの台数では、トヨタとして商売が成り立ちません。

そこで数年前に投入したインド戦略車が小型車エティオスでした。ただ競争が激しく、セダン、ハッチバック、クロスオーバーの3タイプを合わせて、なんとか月間販売台数は5000台といった状況です。

ただ、トヨタは、数字以上のものをもっています。先程、カローラが売れないという話をしましたが、見方を変えると、実は非常に売れているんです。

次ページカローラは売れていないわけではない
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。