VAIOの延長がソニーのモバイルになる--ソニー・鈴木国正モバイル担当執行役《キーマンを直撃》


 一方で、コスト削減で利益を上げるという極めてオーソドックスなこともきちんとやっていく。それにソニー独自の音楽、映像、電子書籍といったコンテンツビジネスも乗せていく。最初はUXを高めるツールの1つとしてコンテンツをビジネスに利用しようと考えているが、数年後にはコンテンツビジネスそのものも利益に貢献することもあると思う。

--ソニーの掲げるUX(顧客体験)は、どれほど差別化要素になりますか?

ソニーはテレビやブルーレイディスクプレイヤー、デジタルイメージング、オーディオなどを持っており、これらを連動するとどういうことが起きるのかを考えながら、UXを作り込んでいる。最初はソニーの端末同士でやることになるが、必ずしもクローズドでやるつもりはない。アプリケーションをアンドロイドで使っていればほかの商品でも使えるようになるし、そういった視野で顧客が使いやすい商品を作るように心がけている。多くのライバル達は、ソニーのような取り組みはできない。

■コンテンツを自ら手がける企業は限られる

もう1つがネットワークサービスで、コンテンツを自ら手がける企業は限られている。もちろんオペレーションもやらなければならないし、経営的な難しさやプレッシャーもあるが、同時にそれを十分に生かし切るコンテンツが手元にあるからこその強みがある。ハードウェアとシームレスにつなぐことで、音楽やビデオ、パーソナルコンテンツ、電子書籍のコンテンツなどを、自由にわかりやすく楽しむことができる。

--アップルとサムスンの訴訟の影響で、OS戦略に変化はありますか?

今のところ影響はないと見ています。今はUX的にもアンドロイドが面白いモノが出来ると考えている。ウィンドウズホンについては検討中です。

(聞き手:前田 佳子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT