35匹のサメと一緒に過ごす夜は、いかが?

パリ水族館に水中ベッドルームがお目見え

 3月29日、パリ水族館が、水槽に設置されたガラスの「ベッドルーム」の中でサメと過ごす宿泊イベントを開催することになり、話題を呼んでいる。14日撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 29日 ロイター] - パリ水族館が、水槽に設置されたガラスの「ベッドルーム」の中でサメと過ごす宿泊イベントを開催することになり、話題を呼んでいる。

円筒型の2人用寝室は、深さ10メートルの水槽にまるごと沈められており、悠々と泳ぐ35匹のサメと宿泊客を隔てているのはガラスの壁一枚のみ。寝室から出ることはもちろん禁止で、コンペに勝ち残ったペア3組が参加できるという。

フリーダイバーのフレッド・バイル氏は「人間がサメと一緒にいられるまたとない機会」だとし、「サメは危険だと誤解されているが、危険なのは人間の行動の方だということを理解すべきだ」と話した。

イベント終了後、「寝室」は研究用施設として使われるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT