35匹のサメと一緒に過ごす夜は、いかが?

パリ水族館に水中ベッドルームがお目見え

 3月29日、パリ水族館が、水槽に設置されたガラスの「ベッドルーム」の中でサメと過ごす宿泊イベントを開催することになり、話題を呼んでいる。14日撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ 29日 ロイター] - パリ水族館が、水槽に設置されたガラスの「ベッドルーム」の中でサメと過ごす宿泊イベントを開催することになり、話題を呼んでいる。

円筒型の2人用寝室は、深さ10メートルの水槽にまるごと沈められており、悠々と泳ぐ35匹のサメと宿泊客を隔てているのはガラスの壁一枚のみ。寝室から出ることはもちろん禁止で、コンペに勝ち残ったペア3組が参加できるという。

フリーダイバーのフレッド・バイル氏は「人間がサメと一緒にいられるまたとない機会」だとし、「サメは危険だと誤解されているが、危険なのは人間の行動の方だということを理解すべきだ」と話した。

イベント終了後、「寝室」は研究用施設として使われるという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT