訪日客目標は「2020年に4000万人、600兆円」 

安倍首相「観光をエンジンに」

 3月30日、安倍晋三首相は、官邸で開いた「観光ビジョン構想会議」で、600兆円経済の実現に向け、訪日観光客数を2020年に4000万人とする新たな目標を表明した。29日官邸記者会見で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 安倍晋三首相は30日、官邸で開いた「観光ビジョン構想会議」で、600兆円経済の実現に向け、訪日観光客数を2020年に4000万人とする新たな目標を表明した。観光を「成長のエンジン」と位置付け、同年には訪日客の消費額を8兆円まで引き上げる方針もあわせて示した。

同日策定した「観光ビジョン」には、公的施設の開放や観光地の景観向上など、10の改革を盛り込んだ。

首相は「観光を基幹産業へと成長させる」と述べ、東京五輪・パラリンピック後も見据え、30年には訪日客数6000万人・消費額15兆円を目指す考えを示した。

いわゆる「爆買い」には一服感がみられるが、記者団の取材に応じた石井啓一国交相は「人数を増やすこともそうだが、長期滞在をしていただき、1人当たりの旅行消費を伸ばしていきたい」と語った。

観光庁によると、2015年の訪日客数(推計値)は1974万人と、安倍内閣発足後の3年間で倍増した。同年の訪日客による消費額は3兆4771億円で、買い物代が全体の約4割を占める。

 

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT