南アフリカの国立公園からライオンが脱走

過去にも放浪の「前科」

 3月29日、南アの国立公園当局によると、昨年3週間にわたり保護区を抜け出したライオンの「シルベスター」が、また脱走し、山間部の過疎地を放浪している。写真は2013年にナイロビ国立公園で撮影したあくびするライオンのようす(2016年 ロイター/Marko Djurica)

[ヨハネスブルク 29日 ロイター] - 南アの国立公園当局によると、昨年3週間にわたり保護区を抜け出したライオンの「シルベスター」が、また脱走し、山間部の過疎地を放浪している。

公園の広報担当者はロイターに、ライオンは、週末の降雨で電気柵の下の土が流出した場所から這い出したとみられると述べた。

同担当者は「昨日朝、全個体の衛星追跡装置付き首輪をチェックしたところ、脱走が判明した。ヘリによる捜索を待っているところ」と説明した。

また、人と遭遇する確率はほとんどないが、出会った場合は近づかないよう呼びかけた。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。