南アフリカの国立公園からライオンが脱走

過去にも放浪の「前科」

 3月29日、南アの国立公園当局によると、昨年3週間にわたり保護区を抜け出したライオンの「シルベスター」が、また脱走し、山間部の過疎地を放浪している。写真は2013年にナイロビ国立公園で撮影したあくびするライオンのようす(2016年 ロイター/Marko Djurica)

[ヨハネスブルク 29日 ロイター] - 南アの国立公園当局によると、昨年3週間にわたり保護区を抜け出したライオンの「シルベスター」が、また脱走し、山間部の過疎地を放浪している。

公園の広報担当者はロイターに、ライオンは、週末の降雨で電気柵の下の土が流出した場所から這い出したとみられると述べた。

同担当者は「昨日朝、全個体の衛星追跡装置付き首輪をチェックしたところ、脱走が判明した。ヘリによる捜索を待っているところ」と説明した。

また、人と遭遇する確率はほとんどないが、出会った場合は近づかないよう呼びかけた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT