南アフリカの国立公園からライオンが脱走

過去にも放浪の「前科」

 3月29日、南アの国立公園当局によると、昨年3週間にわたり保護区を抜け出したライオンの「シルベスター」が、また脱走し、山間部の過疎地を放浪している。写真は2013年にナイロビ国立公園で撮影したあくびするライオンのようす(2016年 ロイター/Marko Djurica)

[ヨハネスブルク 29日 ロイター] - 南アの国立公園当局によると、昨年3週間にわたり保護区を抜け出したライオンの「シルベスター」が、また脱走し、山間部の過疎地を放浪している。

公園の広報担当者はロイターに、ライオンは、週末の降雨で電気柵の下の土が流出した場所から這い出したとみられると述べた。

同担当者は「昨日朝、全個体の衛星追跡装置付き首輪をチェックしたところ、脱走が判明した。ヘリによる捜索を待っているところ」と説明した。

また、人と遭遇する確率はほとんどないが、出会った場合は近づかないよう呼びかけた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT