共和党候補がトランプに絞られたのは必然だ

討論会を通じリーダーシップへの期待高まる

その点、トランプは実に「リアル」なのである。同じテーマを繰り返しはするが、そこにスピーチライターの存在を感じさせない。自分自身の生活と実業界での経験をもとにした本音を語っているか、戦術として台本のない本音を語っているように見せているかのどちらかである。

大統領選は究極のリアリティーショーである。トランプが自ら制作に関わり、君臨したテレビの『アプレンティス』と同様、複数の野心家の候補が試練にさらされ、少しの迷いや弱みが致命傷になる。審判はアメリカの有権者だ。彼らは昨年からではなく、トランプという人物と彼の物語を何十年にも渡ってみつめてきている。

求められているのは「仕事ができるリーダー」

テレビをみてきた視聴者ならば、トランプの人格も言動も、おそらくは思想信条もある程度は知っている。彼が人種差別主義者でも過激派でもないことも知っている。彼は多くの人にとって、口が悪く、勝つべきときにはとことん攻撃の手をゆるめることがない戦士だが、基本的には恐ろしく有能で、面白く、家族を大切にする愛すべき人物なのだ。

もう20年程も前のことだが、筆者の知人で現在関東・東北で住宅の建設や売買を手掛けている経営者の男性が、学生時代にマンハッタンを訪れた際、トランプタワーでたまたま本人を見かけ、写真撮影を依頼した。

トランプは快く撮影に応じ、後日知人が手紙を書き送ったところ、「君の志とやる気に感銘を受けた。これからもがんばれ」という趣旨の丁寧な返事が届いたそうだ。極東の一学生にその気配りである。全米で広く商売を手がけている彼の選挙活動は、半世紀前から始まっていたと考えてもよい。

アメリカは、なんであれ仕事ができるリーダーを求めている。前回の記事の繰り返しになるが、実績のある経営者に国政をまかせてみたらどうだろう、と思い始めているのではないだろうか。

ところで昨年12月の記事で、筆者はトランプが指名を獲得し、クルーズを副大統領候補にするのではないかと書いたが、今年に入っての両者の激しい罵倒合戦のあとでは難しいと思われる。それ以前に、最低限のスタッフで選挙戦をスタートしたトランプ陣営の全貌も政策も、誰もよくわかっていない。アメリカ大統領選での彼の仕事はこれからである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。