MBA経営代表・山田修(Part1)--転職のコンサルタントの人とは、20年間付き合いましょう

MBA経営代表・山田修(Part1)--転職のコンサルタントの人とは、20年間付き合いましょう

■ CEOへの道は、職業としての”社長”を選び、第一線で活躍するプロによるトークセッション。将来、経営層を目指すオーディエンスに、自らの経験とノウハウを語る。

--22年間で社長を6回も務めていらっしゃいます。バブルの上り坂の頃から現在に至るまで、いわば激動の時代を経営者として生き抜いてこられました。まず、1987年、37歳でポント・データ・ジャパン(以下ポント・データ)の社長になった経緯を教えて下さい。

私はアントレプレナー(起業家)ではありません。6社ともエージェントに社長職を依頼されました。ポント・データについては、学歴と前社のコンピュータランド・ジャパン(以下コンピュータランド)において売り上げを3年間で23億円から67億円に伸ばした実績を評価してもらったようです。ポント・データを選んだ決め手は、年収です(笑)。

コンピュータランドではマーケティング・マネージャー兼ナショナルセールスダイレクターをやっていたのですが、年収はおよそ900万円。当時、ポント・データは顧客一つとれず苦戦していて、誰も受け手がいませんでした。移れば年収が500万円上がるというお話だったので、無鉄砲な私は引き受けたんです。当時、IT業界は露出が高く、実はほかにもいろいろな所からお誘いがありました。年間30のスカウト話があり、多いときで1日3回も別々のヘッドハンターから電話をもらいました。おかげさまで、マイクロソフト、ロータス、アシュトンテイトと、3大ソフト会社からもお声がかかりました。ただ、私はハードワーカーではないんです。夜を徹して仕事をするような会社はライフスタイルに合わないので選びませんでした。実際、ポント・データでは17時半になると誰よりも早く帰っていましたからね。

--初めての社長業で、心掛けたことはありますか。

バブル崩壊前だったので今よりはやりやすかったのですが、当初は私と秘書兼経理とカスタマーサポートの3人しかおりませんでした。売り上げがゼロでしたから、大事なのは速やかにお客様をとって売り上げにつなげることでしたね。ロイターやブルームバーグなどと同じ業態ですから、国際投資家や投資顧問会社に案内を出してセミナーをやりました。着任して3カ月目ごろに実行したのですが、すぐに野村証券さんが複数のターミナルを使う契約をしてくださいました。売り上げが伸びただけでなく、あっという間に黒字化し、3年で年間売り上げは4億円になりました。数字としては小さかったのですが、社員は10人ほどしかいませんでしたので、4億円のうち3億円は経常利益プラス当期利益という驚くべきパフォーマンスとなりました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT