「民進党」は、発足前から難題が山積している

野党結集にも足並みの乱れ

民進党には多くの難題が・・・(写真:日刊スポーツ/アフロ)

民主党と維新の党は3月27日に都内で結党大会を開き、民進党となって出発する。その直前にFNNが行った世論調査によれば、27.6%が民進党に「期待する」と答えているが、これを「新党への期待が薄い」と見るべきか。それとも「意外と健闘している」と見るべきなのか。さらに野党共闘への期待に繋がっていくものなのか。

結論からいえば、発足前から問題山積であり、発足早々に行き詰まる可能性すらある。そのことは後段で詳述するとして、まずは新党結党前夜の動きを見てみよう。

一部で残るわだかまり

民主党は3月22日夜、党本部で全国幹事長会議を開催した。およそ2時間半の同会議で質問として出たのは、新党になって以降の党員募集の方法をどうするかなど、おおよそ手続きに関するものに終始したという。新党結成自体については、表だった批判はほとんど出てこなかった。しかし一部では、いまだにわだかまりが残っているようだ。

「今回の結党大会は参院選の前に行われるため、ロゴマークや重点政策を発表して一気に勢い付かせる必要がある。ところがロゴマークの決定は連休後、マニフェストの発表は与党が発表している中身を見てから行うという。やることなすこと、全てが遅い」

同会議後、ある県連幹事長はいらだちを込めてこう述べた。ロゴマーク決定が遅延した理由は、執行部が昨年発覚した東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム白紙撤回事件を懸念しているからである

次ページデザインの「盗作」を懸念
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。