マドンナが17歳のファンの胸露出し批判噴出

豪ブリスベーンで行ったコンサートで

米歌手マドンナが、豪ブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。写真はマカオで2月撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[シドニー 19日 ロイター] - 米歌手マドンナ(57)が、オーストラリアのブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。

これより先にメルボルンで行ったコンサートでは、酩酊(めいてい)状態にあったのではとの憶測が報じられていた。

今回問題となったのは、マドンナが16日夜に行ったコンサート。開演時刻を2時間以上過ぎてようやくステージが始まったうえ、終了するころには公共交通機関がストップしていたため、ファンは二重に迷惑を被った。

翌17日のコンサートでは、17歳の女性ファンをステージに上げたが、ふざけてコルセットを引っ張ったため、一瞬、胸があらわになった。観客はあぜんとなり、その後ソーシャルメディアで反発が広がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT