マドンナが17歳のファンの胸露出し批判噴出

豪ブリスベーンで行ったコンサートで

米歌手マドンナが、豪ブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。写真はマカオで2月撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[シドニー 19日 ロイター] - 米歌手マドンナ(57)が、オーストラリアのブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。

これより先にメルボルンで行ったコンサートでは、酩酊(めいてい)状態にあったのではとの憶測が報じられていた。

今回問題となったのは、マドンナが16日夜に行ったコンサート。開演時刻を2時間以上過ぎてようやくステージが始まったうえ、終了するころには公共交通機関がストップしていたため、ファンは二重に迷惑を被った。

翌17日のコンサートでは、17歳の女性ファンをステージに上げたが、ふざけてコルセットを引っ張ったため、一瞬、胸があらわになった。観客はあぜんとなり、その後ソーシャルメディアで反発が広がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。