マドンナが17歳のファンの胸露出し批判噴出

豪ブリスベーンで行ったコンサートで

米歌手マドンナが、豪ブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。写真はマカオで2月撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[シドニー 19日 ロイター] - 米歌手マドンナ(57)が、オーストラリアのブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。

これより先にメルボルンで行ったコンサートでは、酩酊(めいてい)状態にあったのではとの憶測が報じられていた。

今回問題となったのは、マドンナが16日夜に行ったコンサート。開演時刻を2時間以上過ぎてようやくステージが始まったうえ、終了するころには公共交通機関がストップしていたため、ファンは二重に迷惑を被った。

翌17日のコンサートでは、17歳の女性ファンをステージに上げたが、ふざけてコルセットを引っ張ったため、一瞬、胸があらわになった。観客はあぜんとなり、その後ソーシャルメディアで反発が広がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。