マドンナが17歳のファンの胸露出し批判噴出

豪ブリスベーンで行ったコンサートで

米歌手マドンナが、豪ブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。写真はマカオで2月撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[シドニー 19日 ロイター] - 米歌手マドンナ(57)が、オーストラリアのブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。

これより先にメルボルンで行ったコンサートでは、酩酊(めいてい)状態にあったのではとの憶測が報じられていた。

今回問題となったのは、マドンナが16日夜に行ったコンサート。開演時刻を2時間以上過ぎてようやくステージが始まったうえ、終了するころには公共交通機関がストップしていたため、ファンは二重に迷惑を被った。

翌17日のコンサートでは、17歳の女性ファンをステージに上げたが、ふざけてコルセットを引っ張ったため、一瞬、胸があらわになった。観客はあぜんとなり、その後ソーシャルメディアで反発が広がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT