マドンナが17歳のファンの胸露出し批判噴出

豪ブリスベーンで行ったコンサートで

米歌手マドンナが、豪ブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。写真はマカオで2月撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[シドニー 19日 ロイター] - 米歌手マドンナ(57)が、オーストラリアのブリスベーンで行ったコンサートで、開演時間から大幅に遅れて登場し、また女性ファンの胸をあらわにしたことで、再び批判を浴びている。

これより先にメルボルンで行ったコンサートでは、酩酊(めいてい)状態にあったのではとの憶測が報じられていた。

今回問題となったのは、マドンナが16日夜に行ったコンサート。開演時刻を2時間以上過ぎてようやくステージが始まったうえ、終了するころには公共交通機関がストップしていたため、ファンは二重に迷惑を被った。

翌17日のコンサートでは、17歳の女性ファンをステージに上げたが、ふざけてコルセットを引っ張ったため、一瞬、胸があらわになった。観客はあぜんとなり、その後ソーシャルメディアで反発が広がった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。