京成「AE100形」、さよなら運転の一部始終

成田からの旅立ちを彩った"あの車両"が引退

2010年には新たに成田スカイアクセス線というルートが完成し、時速160キロメートルで走る新型車両が導入された。スカイライナーの名称は新たな車両に引き継がれ、AE100形は新たに京成本線に設定された「シティライナー」として運行されることになった。そして、2015年12月のダイヤ改正をもってシティライナーとしての定期運転が終了。2月28日のさよなら運転に至った。

さよならツアーの粋な計らい

画像を拡大
東成田駅の3番線に残る「成田空港」の駅名標(撮影:尾形文繁)

同日8時50分に京成上野駅へ入線したAE100形は、ピカピカに輝いていた。「今日のために塗り替えました」と、京成の担当者も誇らしげだ。かつての「skyliner」の文字も側面に書かれている。幌は新品に取り替えた。

さよならツアーでAE100形が走るルートも工夫が凝らしてあった。半年前から考えたという行程は、京成上野駅を出発後、高砂検車区に入り、その後は通常なら走行しない押上線に入って八広駅に停車。本線に戻った後は、いつもの成田空港駅ではなく、東成田駅で停車するというものだった。そう、かつての成田空港駅である。

現在使われていない3番線は、今も「成田空港」という駅名標がそのまま残っている。かつての成田空港駅の状態が保存されているのだ。コンコースには、当時のポスターも展示されていた。昔を懐かしむファンもいた。

画像を拡大
鉄道アイドルの鈴川絢子さんと、初代AE形(撮影:尾形文繁)

東成田駅を出発した後は、現在の成田空港駅を経て、宗吾車両基地へ向かった。行程はこれで終了。以降は撮影タイムと列車部品などの即売会となった。大勢のファンが整然と売り場の前に並んだ。

その中に、鉄道アイドルの鈴川絢子さんの姿があった。この日はプライベートでの参加とのことだったが、快く取材に応じてくれた。鈴川さんは千葉県習志野市出身。「京成沿線民としては非常に寂しい」と言いつつも、「ラストランに乗れてよかった」。

車両基地には、かつてのAE形が保存展示されていた。AE100形もおそらく同じような余生を迎えることになるのだろう。大勢のファンが名残を惜しみつつ迎えたラストラン。一時代を築いた車両の引退は物悲しい。だが、その記憶が新時代を担う車両を生み出す原動力になる。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。