世界を代表する女性の肖像22人が訴えるもの

アニー・リーボヴィッツが捉えた女性の変化

「1999年の『WOMEN』では、ヒラリー・クリントンやオノ・ヨーコといった著名人だけでなく、教師、炭坑労働者、死刑被宣告者、女性兵士などを撮りました。社会のなかに生きるさまざまな女性たちに平等にスポットライトを当てたかったのです。それから16年経ち、女性たちを取り巻く環境は大きく変わりました。今回撮影した女性のなかにルピタ・ニョンゴ(昨年『それでも夜は明ける』でアカデミー賞助演女優賞を受賞した黒人の若手女優)がいますが、彼女はイェール大学を卒業した秀才です。現在出演しているブロードウェイ作品は、脚本も監督も他のキャストもみんな女性によるものです。ルピタは化粧品ブランドLANCÔMEの顔でもあります。1999年では、こうはならなかったでしょう。いま女性たちは社会のなかで以前よりもはるかに“見える”ようになったのです」

新しいプロジェクトとして再始動した『WOMEN』

リーボヴィッツはいまやトレードマークとなったきれいな銀髪をかきあげながら、新しいプロジェクトとして再始動した『WOMEN』について語った。

1~19、21、23:(c)Stephen White, Annie Leibovitz. From WOMEN: New Portraits, Exclusive Commissioning Partner UBS
20:(c)Martin Ruetschi, Annie Leibovitz. From WOMEN: New Portraits, Exclusive Commissioning Partner UBS
22、24:(c)David Parry, Annie Leibovitz. From WOMEN: New Portraits, Exclusive Commissioning Partner UBS

 

今回発表された22点の作品には、『ヴァニティ・フェア』誌の表紙を飾ったケイトリン・ジェナー(元陸上オリンピック選手で性的適合手術を受けた“女性”)、女性人権活動家のグロリア・スタイネム、監督・女優のレナ・ダナム、グラミー賞を最多受賞した歌手アデル、コメディエンヌのエイミー・シューマーとその妹で脚本家のキム・キャラメル、そして黒人バレエダンサーのミスティ・コープランドらが登場する。

女性といっても、年代、分野、職業、外見もバラバラである。さらにこのロンドンのオープニングには間に合わなかったが、人権運動家のマララ・ユスフザイやテニスプレイヤーのセリーナとヴィーナスのウィリアムズ姉妹、パフォーマンスアーティストのマリーナ・アブラモヴィッチが、これから加わるという。

次ページ女性のいま
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT