阿部寛も「覚悟」した過酷すぎる映画の真実

監督が壮絶な「エヴェレスト」撮影を語る

――俳優さんが倒れるという事態も。

それは言ってはいけないタブーでした(笑)。でも岡田くんは「もし僕が潰れたらどうなるですかね?」という質問を1回だけプロデューサーにしたことがあるらしいです。そしたら「主役は潰れないです!」と。それは何のリアリティーもない答えだったんだけど(笑)。それくらい何があってもおかしくないという状況がありましたね。

「頑張らないでください」が合い言葉

俳優陣にも覚悟を決めて入ってもらった (c)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

――山岳チームはどのようにかかわっていたのでしょうか。

山に登るうえで、ここから先は危ないから先に行くなとか、ここで撮影するよと言ったら、その時に山屋さんがカラビナいう安全具を利用して、間違いなく安全な環境を作るわけですね。だからどんなに崖っぷちであってもそれは信用します。それができたら山の中だろうがどこだろうが、怖くなくなってしまうんですね。ただし、撮影を終えて降りる時は怖いですね。素に戻ってしまうんでしょうね。

――それは当然俳優さんも。

同じです。岡田くんにしても、阿部さんにしても、覚悟を決めて入っていただいているので、「上に登った時は構わないでください」と言われました。だから必然的に、僕らも山岳チームの方々にあまり助けてみたいなことを言ったらダメだなと思いました。

――山岳部の人が語る、登山に向いている人の条件として「負けず嫌い」「向上心がある」「自分をみつめる1人の時間が嫌いじゃない」ということがあったそうですが。岡田さん、阿部さんのキャスティングはピッタリだったと言っていたそうですが。

ただし山屋さんからは「頑張らないでください」と言われたんです。頑張ると死んじゃいますから。無理すると必ずやられます。通常の映画撮影は本当に走れ、走れですけども、今回は非常にスローペース。ネパールの言葉に「ビスタリ」という言葉があったんですが、これはゆっくりという意味なんですよ。だからいつも撮影現場はビスタリ、ビスタリでした。

次ページ平山監督の映画人生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング