道路整備事業の大罪 道路は地方を救えない 服部圭郎著

道路整備事業の大罪 道路は地方を救えない 服部圭郎著

多くの場合、道路が整備されることで地方は豊かさを失っている。人口が減少している地区は人口の流出が加速し、またコミュニティの空間的分断が進むなど、地域経済はむしろ停滞している。歴史的に見れば、道路整備は少なくない便益を地方にもたらした。ただそれも、そのもたらす豊かさは「地方の自立」を犠牲にしたうえでのものだった。

地方では、高齢化が進んだことで自動車移動が困難になり、広域的な地域間競争にさらされて最寄りの商店街が失われ地域の拠点性がなくなるなど、生活基盤が弱体化している。これらは道路整備で解決できる問題ではない。

都市デザインの専門家が今後の日本のまちづくり、都市計画に斬新な提言を行う。

洋泉社新書y 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。