デキない男のホワイトデー戦略はなぜ凡庸か

デキる男には「その手で来るか」の驚きがある

デキる人を観察していると、彼らは表面的な方法論から一歩踏み出したお作法を使っています。デキる人のマーケティングは、次のABCの3ステップです。

• Ambitious (野心)

まず前提条件に対して問題意識を持って、前提条件を変えてやろうという野心を抱きます。たとえば「女が男にチョコを渡し、1カ月後に男が女に返すのが儀式化しちゃった日本のバレンタインデーとホワイトデーってどうなの?」という野心です。

• Bold(大胆)

次に業界の常識を洗い出して、常識を覆したらどうなる? と大胆に考える。「逆に、バレンタインデーに男から女にチョコを渡したら、どうなる?」という大探索です。

• Crazy(「クレイジー」)

そして1人でもその常識に立ち向かうという、一見「クレイジー」な行動に出る。「1人で日本のバレンタインデーを変える抵抗しています」はクレイジーな行動のひとつです。

1人でも常識を変えるために立ち向かい、常識を変えるまで行動し続ける。「クレイジー」さというのは、実は、立ち位置を際立たせ顧客の共感を呼びやすくなるマーケティングの成功条件と言えます。

マーケティングのお手本はココ・シャネル

日本男子中心だった日本のビジネス界は、概してマーケティング下手でした。前提条件や成功体験から一歩踏み出すことがデキないことが、その原因とよく言われています。日本のバレンタインデーとホワイトデーのような儀式的なイベントの振る舞い方で、男のマーケティング力を見分けることができると思います。

最後に、Ambitious、Bold、Crazyな顧客創造マーケティングを実践した1人の女性の言葉をご紹介します。みなさん、素敵なホワイトデーを。

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。 みんなと同じ格好をしなかったからよ。〜 ココ・シャネル

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT