なぜトヨタの役員に女性がいないのか、同質経営から多様性重視企業へ変化を


 さらに、「俺たちは朝一番に出てきて、夜も最後。家族にはすまないがその分稼いでいる。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の両立)で業績が上がるのか」とも主張する。けれども、1時間当たりの生産性を比べると、時短など制約があるワーキングマザーがいちばん生産性が高いという調査結果がある。

仕事や組織の見直しが目的

ダイバーシティ推進とは、仕事の仕方を根本的に変える、あるいは組織風土を一変させることにほかならない。それゆえ、これを実行するためにはトップの強力なリーダーシップが不可欠である。また導入例を見ると、多くが業績不振を経験、またはM&Aなどで外国人トップが来た会社であることがわかる。

パナソニックの中村邦夫会長(当時社長)はかつて経営立て直しに当たり、その海外経験から多様な人材活用に着目、これを推進することで従来のパラダイム変革に成功した。日産自動車のゴーン社長は、社内改革として女性管理職比率などの必達目標を掲げた。現状打破のためにも厳しい数値目標を立て、世間の目にさらす荒療治が必要だったからだ。

「日本企業の多くの経営者も、ダイバーシティ経営の必要性に気づきはじめている」と、女性管理職育成などを目的としたNPO、GEWELの代表理事、堀井紀壬子氏は指摘する。男女雇用機会均等法施行から23年、すでに均等法1期生は管理職年齢に達していることだけが背景ではない。堀井氏は「経済のグローバル化の中、多くの経営者は海外で女性幹部が果敢に会社をリードするのを見てきた。その経験から外国人を含めて多様な人材を登用することこそ、企業がグローバル競争で勝ち抜くための中核的な戦略との認識が生まれた」と指摘する。

問われるトップの本気度

では、なぜ足踏みするのか。どうやら原因は旗振り役であるはずの経営陣自身にあるようだ。

米国から来日したある人事コンサルタントは「なぜ、トヨタ本社に女性の役員がいないのか」と不思議がる。実は北米トヨタは「米国ダイバーシティトップ50」にも選定されるなど、日系企業の中でもダイバーシティに積極的な企業として認識されている。なぜ米国でできて日本ではできないのか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT