株式会社インスパイア代表取締役・高槻亮輔(Part4・最終回)--“事業開発”を事業とする事業会社として発展させたい

--マネジメントの要諦はどこにありますか。

任せられるかどうかでしょうか。最初はドキドキしますが、任せたほうが楽です。ただ、当社はまだ大きな会社ではないですし、バラバラな色を束ねなければいけないので、今は最後の責任は負うことにしています。ITを活用して任せた先のやりとりを見られるようにしていて、自分がイメージしているものとあまりにも違っていたら修正をかけます。

いずれ色鉛筆がそろって赤や青など色が濃くなってきたら、その色のヘッドにすべて任せようと思っています。

--どのような方法で修正をかけるのでしょうか。

基本的には、我慢です。限度を超えるまでは何も言わないようにしています。また、いきなり投げるのではなく、最初のブレーンストーミングのときに同席して思っていることを言います。否定されてもいいんです。否定されることも多いですしね(笑)。隠れてこっそりされるより、それくらいとんがってるほうがいいかなとも思っています。

今後の状況によって変わりますが、24色がそろうまでは、右向け右という感じでなくていいのではと考えています。

--今後の御社のビジョンをお聞かせください。

2000年4月の設立当初は、「信用や信頼をいかに蓄えられるか」ということが、成毛のテーマでした。最近ようやくそのベースが出来上がりましたので、今後はきちんと成長していけると思っています。

投資もファンドも継続しますが、インスパイア自体が事業リスクをとる方にシフトしたいですね。感覚的にはどんどん市場を開拓していった時代の商社に近いと思うのですが、インスパイアが事業開発を事業とする事業会社として認知され、あまたの企業に頼られて一緒に新事業を切り開いていけるように発展させていきたいと思います。

(写真:尾形文繁)

たかつき・りょうすけ
 1995年、慶應義塾大学経済学部を卒業、日本興業銀行入行。コーポレートファイナンスや審査部を経て、2001年インターネット総合研究所に入社。企業買収・事業投資を実践した手腕を買われて、同年インスパイアに入社。創業者の成毛眞氏に「若さを生かした柔軟性と機動力を併せ持ち、混沌とした経済環境の中に、一石を投じながら勝ち抜いていく最適な布陣」「永きにわたり私を支えてきた優秀な番頭」と言わしめ、08年に代表取締役社長に就任。

■CEOへの道は、エグゼクティブ向けの人材会社・リクルートエグゼクティブエージェント主催のセミナー「Road to CEO」との連動企画です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT