マイナス金利で「金価格」が逆行高するワケ

1月中旬から1割上昇、小売店の販売も活況

一般的に金における日本人の売買行動は、逆張り投資が目立ち、安値圏で買い越し、高値圏で売り越すパターンが少なくない。2013年の高値5000円水準に近づくと、売りが多くなる場面も予想されるが、高値の水準が切り上がっている可能性もある。2015年の国内平均価格は、2014年比で1グラム当たり220円上昇。田中貴金属でも年間の金販売量は2割増加した。

そもそも利息のつかない金は、利回り計算ができず、適正価格の算出材料に乏しい。これまで採掘された量は約17万トンと、オリンピック公式プールの約3.5杯分。埋蔵量は5万トン程度と推測されるものの、採掘が難しいために、毎年の産出量は3000トン前後にとどまる。

金の保有はあくまで「保険」

過去に採掘された金の時価は合計で800兆円弱。日本人の金融資産は約1700兆円あり、その一部でも金投資に回れば価格がハネ上がってしまうほど、小さな市場だ。

もっとも、資産としての金は、あくまでまさかの事態に備えるための保険、としての位置づけである。「金の現物を買うのは積極的に利益を狙う株式投資家と違うタイプが多い」(田中貴金属)。亀井氏も「経済環境が良好ならば、保有している金の価格が上がらなくても、多くの人にとって問題はない」と、中長期での保有を勧めている。

世界景気変調とマイナス金利導入で、人気に火がついた金。「消費や投資を刺激する」(日銀・黒田東彦総裁)ことを狙ったはずが、将来の生活不安に備えた資産防衛で金が売れているとしたら、こんなに皮肉なことはない。

「週刊東洋経済」2016年3月5日号<2月29日発売>「核心リポート01」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT