印タタ、新ハッチバックの名前は「チアゴ」に 

「ジカ」から名称変更

 2月22日、インド自動車大手タタ・モーターズ、近く発売予定のハッチバック車を「チアゴ」と命名。当初は「ジカ」という名称にするはずだったが、「ジカ熱」と発音が同じだったことから、名称変更を決めた。2013年2月撮影(2016年 ロイター/Vivek Prakash)

[ムンバイ 22日 ロイター] - インド自動車大手タタ・モーターズは22日、近く発売予定のハッチバック車の名称を「チアゴ」(Tiago)としたことを明らかにした。当初は「ジカ」(Zica)という名称にするはずだったが、中南米で感染が拡大する「ジカ熱」と発音が同じだったことから、名称変更を決めた。

同社は「ナノ」発売以来、安物のイメージに悩まされており、今回曲線美を駆使した同ハッチバックの発売でその払しょくを図る考え。チアゴは、2015年度「FIFAバロンドール」に輝いたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手から賛同を得ている。

チアゴの最低価格帯モデルは40万ルピー(5830ドル、約65万円)で、同社は3月末をめどに販売開始を予定している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT