米製薬大手、ジカ熱のワクチン開発を検討 

既存技術応用など調査

 2月3日、ファイザーなど米製薬大手3社は、ジカ熱ワクチン開発の可能性を検討していると明らかにした。写真はブラジルで殺虫剤を散布する担当者。2日撮影。(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[3日 ロイター] - ファイザー<PFE.N>など米製薬大手3社は、ジカ熱ワクチン開発の可能性を検討していると明らかにした。

ファイザーは既存ワクチンのジカ熱への適用を調査しているほか、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>は利用可能な技術をジカ熱にも応用できないか研究している。

エボラ出血熱ワクチンの開発を最初に成功させたメルクも、同社の技術が応用できないか、公衆衛生分野のパートナーと連携して取り組んでいるとしている。

世界保健機関(WHO)は中南米などでジカ熱感染が急拡大しているとして緊急事態を宣言。前日には米テキサス州ダラス郡で、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT