米製薬大手、ジカ熱のワクチン開発を検討 

既存技術応用など調査

 2月3日、ファイザーなど米製薬大手3社は、ジカ熱ワクチン開発の可能性を検討していると明らかにした。写真はブラジルで殺虫剤を散布する担当者。2日撮影。(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[3日 ロイター] - ファイザー<PFE.N>など米製薬大手3社は、ジカ熱ワクチン開発の可能性を検討していると明らかにした。

ファイザーは既存ワクチンのジカ熱への適用を調査しているほか、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>は利用可能な技術をジカ熱にも応用できないか研究している。

エボラ出血熱ワクチンの開発を最初に成功させたメルクも、同社の技術が応用できないか、公衆衛生分野のパートナーと連携して取り組んでいるとしている。

世界保健機関(WHO)は中南米などでジカ熱感染が急拡大しているとして緊急事態を宣言。前日には米テキサス州ダラス郡で、ジカ熱が人から人に感染した事例が報告された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT