「ストレス」で14歳娘と別居、育児放棄なのか

梅宮アンナさんのケース、法的責任がある?

ストレスを抱えてしまうから、未成年の子どもと別居する母に法的な問題はないのでしょうか(写真 : xiangtao / PIXTA)

タレントの梅宮アンナさんが、14歳の娘と別居していることをテレビで明かし、話題となっている。2月9日放送の情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS系)に出演した際に告白した。それによると、アンナさんが一人で暮らす一方で、娘の百々果さんは、アンナさんの実家で、祖父の梅宮辰夫さんと暮らしているそうだ。

アンナさんは離婚後、シングルマザーとして百々果さんを養育してきた。別居理由は「お互いのためなんです。四六時中、子育てをしているとストレス抱えてしまうので。一緒に暮らしていると喧嘩してしまう」ためなのだそうだ。ただ、百々果さんの塾の送りや食事などで、ほぼ毎日会っているという。

アンナさんの「別居」法的な問題は?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

反抗期の子と喧嘩をするのは、ごく自然なことのようにうつる。単身赴任などの特殊事情ではなく「喧嘩してしまう」という理由で、未成年の子どもと「別居」をすることに、法的な問題はないのだろうか。加藤寛崇弁護士に聞いた。

「梅宮アンナさんの別居は、法的側面からは何ら問題はありません」

加藤弁護士ははじめに結論を述べた。

「梅宮アンナさんは、離婚して娘の単独親権者になっているようです。親権者は、子どもの利益のために監護および教育する義務を負うため、監護教育を怠ったり虐待したりすれば、親権の停止や喪失が決まることもあります

しかし、親権者としてなすべき監護教育の具体的内容は、個別の具体的事情によって異なるものであり、基本的には親権者の自由です」

次ページ同居する義務はないのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。