東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街 増田悦佐著

東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街 増田悦佐著

楽しむ、住む、働く、起業する。それぞれの目的で満足できる東京の街はどこか。学者から建設・不動産アナリストに転じ、「街歩き」の達人としても知られる著者が、「気づいていない角度から」街の姿を伝え、それを探った。

自由が丘、田園調布などイメージのよい「派手街」よりも、住みやすい「地味街」に人気が集まるのが近年の傾向であり、ブログの街案内の情報を使い、人々が街を実体験していることが影響したと分析する。おたくの聖地の秋葉原や中野の一段の発展、変身の予感のある新橋など、意外な街の素顔が浮かび上がる。

実は「断固として何でもアリ、誰でもコイの混沌状態」が東京の魅力、それを楽しもうと呼びかける。

朝日新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。