東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街 増田悦佐著

東京「進化」論 伸びる街・変わる街・儲かる街 増田悦佐著

楽しむ、住む、働く、起業する。それぞれの目的で満足できる東京の街はどこか。学者から建設・不動産アナリストに転じ、「街歩き」の達人としても知られる著者が、「気づいていない角度から」街の姿を伝え、それを探った。

自由が丘、田園調布などイメージのよい「派手街」よりも、住みやすい「地味街」に人気が集まるのが近年の傾向であり、ブログの街案内の情報を使い、人々が街を実体験していることが影響したと分析する。おたくの聖地の秋葉原や中野の一段の発展、変身の予感のある新橋など、意外な街の素顔が浮かび上がる。

実は「断固として何でもアリ、誰でもコイの混沌状態」が東京の魅力、それを楽しもうと呼びかける。

朝日新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT