ゆうちょ銀、マイナス金利で運用に手詰まり

預金獲得はむしろリスク、投信販売も中止に

その主力は国債だ。運用資産に占める比率は減少させているものの、直近2015年12月末時点でなお41%を占める。三菱東京UFJ銀行と比較するとはるかに多い(右図)。

国債の利回りは、日銀のマイナス金利政策の導入後、一段と低下した。2月16日現在、1年債から9年債までマイナスの状況だ。

基本的にゆうちょ銀行は国債の購入後、満期まで保有する運用を行っている。マイナス利回りとなっている今、満期保有目的で短中期国債を買うと、損失覚悟の投資となる。過去1年で20兆円ほど満期償還されたが、うち国債に再投資できたのは2兆円ほどだ。今後ますます国債への再投資が難しくなる。

マイナス金利で120億円の減益インパクト

国債償還資金の残りは、約6割が外国証券、約4割が日銀当座預金に向かっていた。だがこれからは日銀当座預金を増やすとマイナス金利がつく。現段階の試算でその額はおよそ6兆円。これまで0.1%の利息収入を得られていたものが、逆に0.1%の利息を支払うことになる。約60億円の利益が消え、60億円の費用負担に。合わせて120億円の減益インパクトだ。

当然、日銀当座預金を極力増やさないよう、対策を打たねばならない。しかし、1年国債の利回りは足元でマイナス0.17%と、日銀当座預金よりも低い。ある程度の額は積んでいかざるをえない。

外国証券も増やしたいところだが、簡単ではない。外国証券は大半がドルもしくはユーロ建ての国債や社債。基本的に高格付けの投資適格債だ。それらへの需要は世界的に強い。「2015年4~12月の9カ月で外国証券を約11兆円増やしたが、ペースとしてはこれが限界に近い」(ゆうちょ銀行の山田博専務執行役)。

次ページ投信の新商品も発売中止に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT