米アマゾン、一般人への宅配委託強化のワケ

配達対象商品の急拡大でコスト圧縮を狙う

現在、アマゾン商品全般を宅配するドライバーがプライム・ナウ商品を取り扱うことは認められていない。しかし、「今年後半には」両方の商品を配達可能にするという。

同社の広報担当者は17日、テキサス州でフレックスサービスを受託しているドライバーが、プライム・ナウだけではなく、アマゾンの取扱商品全般を配達していることを認めた。詳細には触れなかったものの、アマゾンが「顧客に迅速なサービスを提供するとともに配達パートナーの機会も拡大させる、新たな手法を探っていく」と述べた。

また、アマゾンのある役員は最近の決算説明会で、繁忙時の宅配を自前で行う機会を増やす意向を示していた。

地場の宅配業者にも利点

物流業者にとっては、最後の配送拠点から顧客宅までの「ラストワンマイル」が配達の迅速化とコスト低減を図る上で重要性を増している。特に、地場の中小業者が荷物の配達を手がけているような田舎では、アマゾン・フレックスのようなサービスでコストを低減する余地は大きい。

物流技術会社グランド・ジャンクション(本社・サンフランシスコ)のロブ・ハワード最高経営責任者(CEO)は、こうした地域でかかる費用は配送コスト全体の平均35%を占めると指摘。新サービスはアマゾンの競争力強化に大きく貢献するだけでなく、「地方の配送業者にとっても死刑宣告ではなく、新たな道を開くものだ」と分析している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT