米アマゾン、一般人への宅配委託強化のワケ

配達対象商品の急拡大でコスト圧縮を狙う

現在、アマゾン商品全般を宅配するドライバーがプライム・ナウ商品を取り扱うことは認められていない。しかし、「今年後半には」両方の商品を配達可能にするという。

同社の広報担当者は17日、テキサス州でフレックスサービスを受託しているドライバーが、プライム・ナウだけではなく、アマゾンの取扱商品全般を配達していることを認めた。詳細には触れなかったものの、アマゾンが「顧客に迅速なサービスを提供するとともに配達パートナーの機会も拡大させる、新たな手法を探っていく」と述べた。

また、アマゾンのある役員は最近の決算説明会で、繁忙時の宅配を自前で行う機会を増やす意向を示していた。

地場の宅配業者にも利点

物流業者にとっては、最後の配送拠点から顧客宅までの「ラストワンマイル」が配達の迅速化とコスト低減を図る上で重要性を増している。特に、地場の中小業者が荷物の配達を手がけているような田舎では、アマゾン・フレックスのようなサービスでコストを低減する余地は大きい。

物流技術会社グランド・ジャンクション(本社・サンフランシスコ)のロブ・ハワード最高経営責任者(CEO)は、こうした地域でかかる費用は配送コスト全体の平均35%を占めると指摘。新サービスはアマゾンの競争力強化に大きく貢献するだけでなく、「地方の配送業者にとっても死刑宣告ではなく、新たな道を開くものだ」と分析している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。